CCS推進事業

CO2を
地中深部に固定し
大気への排出を防ぐ

 二酸化炭素回収・貯留(Carbon Capture and Storage : CCS)は、石油・天然ガス、水素・アンモニア等の資源開発に伴って発生するCO2を回収し、地中深くに長期に安定的に貯留する技術です。JOGMECは、CCS事業を支援することで、クリーンなエネルギー開発を推進し、日本のカーボンニュートラルの実現に貢献します。

CO2を地中深部に固定し
大気への排出を防ぐ

 二酸化炭素回収・貯留(Carbon Capture and Storage : CCS)は、石油・天然ガス、水素・アンモニア等の資源開発に伴って発生するCO2を回収し、地中深くに長期に安定的に貯留する技術です。JOGMECは、CCS事業を支援することで、クリーンなエネルギー開発を推進し、日本のカーボンニュートラルの実現に貢献します。

CCS推進事業方針

 JOGMECは「過去50年蓄積した地下評価技術ノウハウ」と「実証系技術開発で蓄積した施設技術ノウハウ」を最大限活用し、資源開発CCSの中核機関として、日本企業が進めるCCS事業への支援を強化します。

技術開発

JOGMEC技術センター(TRC)が有する地下評価技術/施設技術のCCS事業へ適用のためのさらなる技術開発・改良

実フィールドでの適用

国内外の実フィールドにおける技術検証とCCS事業性評価の実施

国内企業ニーズへの対応

国内企業のCCS事業課題の解決や技術ニーズへの対応

国内外企業との連携による燃料アンモニア事業の推進

関係機関との連携

国内外CCS関連機関とのネットワーク構築

Message

 日本では2050年までにカーボンニュートラルを目指すことが宣言されており、カーボンニュートラルや脱炭素化に向けた対応の必要性は急速に高まっています。石油ガス開発業界は、国際社会の脱炭素化の要請に応えつつ、日本へのエネルギー安定供給という重要な役割を引き続き担っていく必要があります。脱炭素化の重要な切り札となるCCS技術は、石油ガス開発業界がまさに知見と経験を有する分野です。
 CCSの要となる技術は、CO2の貯留安定性や長期挙動に関する地下評価技術や、CO2の分離・回収・圧入システムの最適化技術など、我々JOGMECが長年蓄積してきた領域です。JOGMECは日本企業のニーズをふまえ、これまで調査事業等のCCS支援を進めてきましたが、2022年11月のJOGMEC法の改正により、新たに出資債務保証等の金融支援も可能となりました。これらの取組みをとおして、日本のカーボンニュートラル実現に貢献していきたいと考えています。
 なおJOGMECは、カーボンニュートラルに向けた取組みを加速するため、3つの基本方針と具体的行動計画から成る「カーボンニュートラル・イニシアティブ」を2021年4月に公表していますが、JOGMEC改正法の施行に併せて同イニシアティブを改訂しております。下記関連情報をご参照ください。

CCS・水素事業部長 三好 啓介

CCS・水素事業部長

三好 啓介

関連情報