技術事業戦略 脱炭素社会に向けた次世代技術を牽引する

低炭素社会の実現。 そして、その先へ――。
資源開発を取り巻く環境は今まさに大きく動いています。
JOGMEC/TRCは日本の資源・エネルギーの安定供給にこれからも貢献していくため、
将来へ向けた技術開発の方向性を見直し、「技術事業戦略」として定めました。

エネルギーセキュリティへの貢献

エネルギーセキュリティへの貢献

低炭素社会の実現への貢献

 JOGMEC/TRC は、資源エネルギーの我が国への安定供給を使命のひとつとして、石油ガス開発の技術ニーズに応える研究開発の拠点としての役割を果たしてきました。他方、地球温暖化など、炭化水素資源の開発やその消費に伴い発生する社会的諸問題が顕在化しており、環境影響負荷の低減を進めていくことが、より一層求められています。
 油ガス田開発で培ってきた知見・技術力を活かし、我が国の石油ガス開発企業とともに新たなビジネスモデルの構築を目指してまいります。「低炭素社会の実現への貢献」を技術事業戦略の1つめの柱とし、「資源開発CCS事業」、「低環境負荷型技術の研究開発」、ならびに「炭化水素からの新たな資源創出と低炭素型のエネルギーバリューチェーン構築への関与」の取組みを重点的に進めます。

低炭素社会の実現への貢献

油ガス田開発の新たな可能性の追求

 油ガス田開発では、「シェール革命」を例とするように、既存技術のみにとらわれず新たな視点・発想をうまく取り入れることにより「コスト削減」、「生産性向上」や「埋蔵量の増大」を達成してきました。JOGMEC/TRCはこの視点・発想を重視し、研究開発機関として「技術開発の新たな可能性の追求」をこれまで以上に進めていくことを技術事業戦略の2つめの柱として置き、「デジタル技術の可能性追求とその波及技術を活用した新たなビジネス領域の創出」、「タイトオイル/ガス開発」の技術支援を強化してまいります。あわせて、日本周辺海域に賦存する「メタンハイドレート商業化」の実現に向けた技術基盤の確立を目指します。

油ガス田開発の新たな可能性の追求

技術支援や探鉱開発評価を支える基盤技術の維持・強化

 新たな技術開発や技術支援を進める一方で、JOGMEC/TRCは地質・物理探査・掘削技術・油層/生産工学・ジオメカニクス・施設技術など各専門分野の人材・知見の集積機関として、また油ガス田開発にかかる技術支援・課題解決・事業審査等を行う国の機関として、その役割を強化してまいります。そのため、技術事業戦略の3つめの柱として「技術支援や探鉱開発評価を支える基盤技術の維持・強化」を進め、研究者・技術者が業務に専念できる環境を整備します。

技術支援や探鉱開発評価を支える基盤技術の維持・強化

 以上の技術事業戦略の推進により、脱炭素社会の実現に向けた次世代技術を牽引してまいります。また、我が国のエネルギーセキュリティの確保のため、石油ガス開発企業等に付加価値のあるソリューションを提供し、エネルギー資源分野における社会貢献を果たしてまいります。

Message

 石油ガス開発事業は、コロナ禍での世界的なエネルギー需給変動、地球温暖化問題に端を発するエネルギー議論など、大きな影響を受けて変わりつつあります。この先もこれら周辺環境が刻々と変化するなか、日本へのエネルギー安定供給を確実に維持することがJOGMECに課せられた使命と考えています。そのためにも、石油ガス開発業界が直面する気候変動対応を全力で支援し、技術開発支援を一層進化させてまいります。具体的には従来からのデジタル技術適用や非在来資源開発技術の開発・実用化、探鉱評価・開発生産に係わる基盤技術の更なる強化により石油ガス田の生産効率化と安定的な操業継続に貢献することに加えて、カーボンニュートラルを見据えた技術開発支援を積極的に進めてまいります。JOGMEC/TRCの技術事業戦略は、関係機関・企業皆様のニーズをふまえ、効果的な支援を実現すべく見直してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 なお、カーボンニュートラルに向けたJOGMEC全体の取組みを加速するため、新たにカーボンニュートラル推進本部を設置し、3つの基本方針と具体的行動計画から成る「カーボンニュートラル・イニシアティブ」を公表しております。下記関連情報をご参照ください。

カーボンニュートラル推進副本部長 [技術統括](石油天然ガス開発技術本部長/理事) 理事 江波戸 俊和

カーボンニュートラル推進副本部長 [技術統括]
(石油天然ガス開発技術本部長/理事)

江波戸 俊和

関連情報